オーダー家具は素材選びが大切です

オーダー家具と言っても、使用する素材は木だけでなく、スチールや石、ガラスなど様々なものがあります。世界でたった一つだけの家具でも、使用する材料に応じて風格やデザイン性などが異なりますし、インテリアに合わせて作るのであれば、全体のバランスを考えなければなりません。数ある材料の中でも木材は多種多様な種類があり、それぞれの種類には特徴を持っています。仮に、木材を選ぶ場合でも数ある種類の中から一つを選ぶ時には、木材の種類毎の特徴を把握しておくことが大切です。既製品の家具とは異なり値段が高価なものになるなどからも、テーブルや椅子、ラックやテレビ台などどのような木材を使えば良いのか、木材だけでなく他の材料を使った時にどのようなものになるのかイメージすると良いでしょう。

木の温もりを感じさせてくれる木材の魅力

木材の中でも無垢材は、何も手を加えていない天然木、数ある木材の中でも色合いや雰囲気を持ち耐久性にも優れた素材、生涯使用することが出来ると言われているオーダー家具に最適です。ダイニングテーブルを初め、キャビネットや椅子など、日常的に利用する家具類に利用が行われていることが多くあります。尚、大切に使い込むと、年月を重ねるごとに味わい深い表情を作り出すことが出来ます。但し、無垢材は呼吸をすることからも、季節変化、温度や湿度などの環境に弱く、反りや変形などの狂いが生じることもあります。しかし、木を何枚か重ねて作る、扉に薄い板を入れるなどの工夫を行うことで解消することも可能です。購入後に急激な気温や湿度の変化が起きる場所に置かない、通気性を良くするなどで反り返りを最小限に抑えることが出来ます。

無垢材以外の材料には何があるのか

無垢材は他の材料と比べると少々割高ではありますが、無垢材だけがオーダー家具の素材ではなく、集成材や突き板などの種類もあります。集成材は挽き板や小角材など、繊維方向を互いに平行にした状態で、幅や厚さ、長さ方向に集成・接着した材料です。集成材反りやねじれ、割れなどのような無垢材の欠点を解消出来ることが最大の特徴です。さらに、死節や割れなどのような、木材の欠点を除去した材料になるため、強度のばらつきが少なく、品質の安定したものを製造出来る利点を持ちます。突き板は木目がきれいな天然木をスライス状にした単板で、合板や中質繊維板などに張り付けて使用し、無垢材とは異なり、組み合わせた時の材料同士の狂いが少ない、価格も比較的リーズナブルなどのメリットがあります。

ピックアップ記事

こだわりのオーダー家具を手に入れる業者の選び方

理想に近いものを入手したいと考えている時にお勧めなのがオーダー家具です。実際に並べて見ると分かりますが、既製品とは明らかに違っていて部屋にスムーズに馴染みます。それぞれのこだわりを実現できますので長く...

アフターサービス万全のオーダー家具で修理も安心

オーダー家具は既存の製品には無いオリジナルのデザインで、好みに合った製品に出会えるのが最大のメリットです。縦横高さのサイズはもちろんのこと使用する素材やカラー、形状までも自由自在です。設計段階から納得...

オーダー家具ならデザインが好きに選べる

一般的に自宅に設置する大型家具などは、家具を販売している量販店を利用して気にいった物を購入するという方法をとっている方は少なくありません。大量生産されているインテリア家具はリーズナブルな価格で販売され...

オーダー家具は素材選びが大切です

オーダー家具と言っても、使用する素材は木だけでなく、スチールや石、ガラスなど様々なものがあります。世界でたった一つだけの家具でも、使用する材料に応じて風格やデザイン性などが異なりますし、インテリアに合...


コンテンツ

カテゴリー